商品説明
  • ウインドウレス鶏舎
  • Aライン採卵鶏舎
  • EUROケージシステム
  • ヘルマン直立鶏舎
  • 集卵システム
  • 飼料搬送システム
  • バースクレイパー
  • 鶏糞発酵乾燥システム
  • 鶏糞乾燥システム
  • 脱臭装置 調光可能蛍光灯 ラベル検査機
  • 消臭除菌器
  • その他付帯製品
  • メニュー下線
  • 動画をご覧いただくには、Microsoft社のWindows Media Playerが必要になります。
    Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

    Windows Media Player

鶏糞発酵システム

発酵撹拌機

攪拌機画像

鶏糞処理で世界の養鶏界に朗報、次のような悩みを解決しました。

  • 発酵がうまくいかない
  • 水分調整がむずかしくて手がかかる
  • 臭気がはげしい
  • 種菌を追加するので費用がかかる
  • 発酵機の故障が多く修理費がかかる
発酵槽概念図

特徴

  • 1.放線菌の高温発酵なので臭いが大幅に減少。
  • 2.蝿の卵や雑草の種子を殺す。
  • 3.死鶏の高温処理。
  • 4.1基(槽長50m)で10万羽から20万羽の鶏糞の処理が出来る。
  • 5.故障が極めて少ない。(特許のTwoローター式で機械に負担がかからない為)
  • 6.槽の深さ1.3m(1.5m)で手入れが容易。
  • 7.この放線菌は極めて強い菌なので菌の補充がいらない。
  • 8.原料生糞の水分調整が容易。

装置の概要

長さ25〜70mの長方形の深さ1.3m又は1.5m、幅8.3mの槽で中央に長手方向に隔壁があり槽の両端は円形になっていて撹拌機が回転します。

撹拌機は右半分(A側)の鶏糞を砕き撹拌しながら槽の端まで来るとターンして左側(B側)に移り左半分を撹拌しながら端まで来て、又右側に移る。

この時(C点)では発酵して水分35%位になった鶏糞の30〜80%を床下におとし残りの20〜70%が(D点)に送られます。

(D点)には新しく重機によって深さ1m(槽の深さが1.3mの場合)になるように生鶏糞(水分60%〜78%)が投入されます。

生鶏糞は水分35%の発酵鶏糞と混合され水分約60%となり、大量の放線菌の働きで、直ちにはげしい発酵をおこしその温度 は約70℃になります。

このはげしい高温発酵は右側(A側)だけで終り左側(B側)に移ってからは、鶏糞はゆるやかに発酵し熟成され(C点)で抜かれて2次発酵槽に移されます。

以下この繰り返しです。

撹拌機は直径1.28m(特殊仕様は1.56m)と0.65mの一対の特殊の回転刃に依って、極めて軽く撹拌して行きます。

PAGE TOP