家禽研究所
  • 農場全景
  • 育成舎
  • 成鶏舎
  • GPセンター
  • 商品紹介
  • 動画紹介
  • メニュー下線

GPセンター

これからGPセンターをご案内いたします。

これはGPセンターの卵の搬入口です。成鶏舎と直結したコンベアーで卵は運ばれてきます。

卵は、肉眼検査により破卵、汚卵を除去してから洗浄・消毒機、乾燥機に送られ、洗浄、消毒、乾燥されます。消毒に使う薬は次亜塩素酸ナトリウムです。

消毒、乾燥された卵は自動検卵機に入る前に、透光検査によりヒビ卵、血卵、汚卵などが除去されます。

肉眼で検出されなかったヒビ卵、血卵、汚卵などは自動検卵機と自動血卵検査機で除去されます。検査終了後の卵は自動計量機で重さを量ります。

自動検卵、自動計量はコンピューターで管理されています。Lパックに入れるか、Mパックに入れるかもコンピューターで管理します。

コンピューターの指示で仕分けわれた卵は、サイズ別にロボットがパックに入れます。

パックを閉じる前に、ヒビ卵、汚卵があるかどうかをここでも、肉眼でチェックしてから表示ラベルを入れます。

最後にパック卵の表、裏を見て不良品があれば除去してから出荷梱包します。

この様に出荷までには肉眼と機械により合せて5回の検査を行っております。

卵の品質を検査をしているところです。製品に対して毎日検査します。

これからも "安心で、安全な、美味しい卵" を提供し続けて参ります。
どうか末永くご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
PAGE TOP